TOP > 特集 > 「Colta」1周年記念特別インタビュー

特集

「Colta」1周年記念特別インタビュー

おかげさまで、Coltaがスタートしてから一年になりました。
訪問してくれた方、ご意見をいただいた方、本当にありがとうございます。
これからももっともっと楽しくて役立つ情報をお届けしていきますので、二年目もよろしくお願いします。

始めからお付き合いいただいている方はご存知かと思いますが、すっかりColtaの顔となってあっちこっちに出没しているフクロウのColtaクンはColtaスタートより少し遅れて、2007年9月に誕生しました。
このColtaクンの産みの親である田中紫紋さんは、テレビ朝日の『報道ステーション』のオープニングアニメーションを作った方なんです!
現在、テレビCM、WEBムービー、WEB広告と売れっ子のクリエーターの田中さんに、Colta一周年を記念してインタビューさせていただきました。

 元々絵が得意だったのでしょうか?

普通の市立高校でしたが、美術の時間に絵を書くと、ちょっと人とは違っていましたね。人物の後ろにあった黒板を皆が緑で描いていたので、僕は真っ赤に塗ったりしてました。その当時はとにかく人と同じと言う事を拒絶していたので。なんでもかんでも人と違う事をしようとムキになっていましたね(笑)。
で、サッカー部を引退して進路を考えた時、一般大学は受験の問題がつまらないので体育大学か美術大学かな?と思ったんですが、体育大学は無理なので美術大学を受験することに決めました。デッサンとかはまあまあ自信があったので。
そして一浪して武蔵野美術大学造型学部に入学しました。武蔵野美術大学に決めたのは"武蔵野"って響きがきれいだから、デザイン科にしたのはおしゃれっぽくてカッコいいからですね。
大学ではみんなで、あの作品はこうだったらいいとかなど、いろいろな作品に関してファミレスで毎日延々と語ったこともありましたね。
大学生活最後の卒業制作に『新聞史』というコマ撮りの作品を作りました。これは、新聞のみを素材として使って歴史をアニメーションで表現した作品なのですが、この作品が今の僕の人生の分岐点になりました。

 なぜ新聞紙を素材に選んだのでしょうか?

種が次々に変化していって街になり、それがなくなるというストーリーが頭にあったんですが、素材を何にするかは決まってなかったんです。しかし自分の誕生日にファミレスでたまたま友達と話していると、新聞紙がたまたまそこにあったんですよ。その新聞を手持ちぶさたにいじっていた時に、自分の持ってるストーリーと新聞自体が持つ意味が頭の中で奇跡的な出会いをしまして。新聞紙がベストキャストになったわけです。
素材そのものが作品を体現するというモノをあまり観た事がなかったんですよ。新聞紙ならそれだけで"歴史"を表現できるかなと。で、テーマも新聞紙と歴史をもじって『新聞史』にしました。赤ちゃんの顔を新聞で作るのは自分的にはかなり無謀だったんですが(笑)。

 報道ステーションのアニメーションも新聞紙を使っていますね?

そうですね。
報道ステーションの制作依頼は、たまたま『新聞史』をテレビで見たプロデューサーの方から頂きました。
最初の打ち合わせの時に、"素材は新聞紙でなくても良い"と言われ確かに"ニュース番組なのに新聞なんて…"とも思ったのですが、最終的には新聞紙にしました。ニュース番組って動いて喋る新聞みたいなモノなんですが、その新聞自体が動いてニュース番組を装飾するというのは、結構面白い表現なのではないのかなと。
よく見たらわかる人もいるかもしれませんが、月曜日は「月」、火曜日は「火」というように一週間曜日毎にテーマが違います。全て"街"になるといった基本コンセプトは同じなんですが、ニュース番組って毎日内容が変化していくんです。だったらオープニングも毎日変化したら面白いんじゃないかなと話し合いまして、日付けと曜日ごとに変えて、殆ど毎日違う映像になるようなオープニングにしました。

 それから急に売れっ子に?

報道ステーションのお話を頂いた時に僕はとある映像制作会社に勤めていたんですが、どうしても一人の仕事としてやりたかったので、会社に無理言って休職させてもらいました。
制作は六本木のマンションに缶詰状態でまるまる1ヶ月使いました。そして、報道ステーションの仕事が終わって会社に戻り、仕事をしていた時に報道ステーションのように作家的なスタイルが今の自分には合ってるんだというのを比較して実感しまして。会社には申し訳ないと思ったんですが、フリーになる為に会社を辞めました。
フリーになって暫くは当たり前のように仕事がなくフラフラしていたのですが、半年たった頃に友人づてで“葉の茶”のアニメーション制作の話があって、それを二年間くらいやりました。今はWEBからなくなっちゃいましたが、テレビCMでは結構流れてましたよ。

 具体的にはどのように作りこんでいくのでしょう?

基本的には見たまんまに作っています(笑)。
葉の茶の"はのちゃん"の場合は、まず紙で一コマずつ"はのちゃん"を作っていきます。そしてそれに針金を貼り、セットに差します。それを抜き、次のコマのはのちゃんを同じようにセットに差します。それを抜き……。と言う作業をひたすら繰り返して作ります。"はのちゃん"は少しずつ違うものを何百枚も用意します。
報道ステーションのオープニングアニメーションでは、まず新聞紙でビルや車を作って、それを少しずつ動かしたりつぶしたりしながら撮影していきました。例えば新聞紙で作ったビルが沈んでいく動きはビルの下部分を少しずつ切ったり、くしゃっとつぶしたりしていきます。だから元に戻らないし、しかも一連の動きだから撮り直しはどうしてもできないんです。僕の場合はそういう撮り直しが非常に難しくなる場面が多いので、そのような依頼の時はクライアントさんに予め"撮り直しは非常に困難になりますよ?"と言ってしまいますね(笑)。
逆にその方が、撮影の時に緊張感があって良かったりします。

 Coltaクンはなぜフクロウだったのでしょうか?

僕は元々フクロウが大好きなんです。何が好きって全て好きです(笑)。特に好きなのはアフリカオオコノハズク!可愛いでしょう?
フクロウを飼うのが夢なんですが、警戒心が強いのでなかなか人に慣れないし夜行性だし、 猛禽類の彼らが好む新鮮な餌を用意するのが大変らしいので今は飼えませんが...。
Coltaは人にいろんな情報を教えてあげるサイトだって聞いたので、「フクロウしかない!」と思いました。フクロウは森の賢者だから、頭が良くて可愛いキャラクターにはピッタリかなとモチーフにしました。頼まれてすぐに出来上がりましたよ。キャラクターは作ったことがないので、Coltaがデビュー作品ですね。

 現在進めているお仕事を教えてください。

今は特にないですね〜(笑)。
最近は暇な時はニコニコ動画をずっと見てます。いつの間にか世間で言うアニヲタになってきたのもニコニコ動画のせいですね。オタク文化と思われてるかもしれませんが、割と普通で人と触れ合ってるというか、友だちと一緒にテレビを見る感覚にもの凄く近くて楽しいんです。スポーツや映画も一人で見るより沢山の人と見た方が盛り上がるのと一緒です。とは言っても、明らかに見過ぎですけどね。

 夢があったら教えてください。

会社に入ってみたいですね。
でもすぐに飽きるかな〜...(笑)


田中紫紋さん
アニメーション作家
1979年神奈川県横浜市生まれ。武蔵野美術大学 造形学部 視覚伝達 デザイン学科卒。卒業作品である新聞紙を使ったアニメーション『新聞史』がNHKの「デジスタ」のベストセレクションに選ばれる。
プロとして初めて手がけた「報道ステーション」のオープニングアニメーションで一躍有名に。現在までに「葉の茶」のCMアニメーションのほか、タウンページのWeb広告、NHKの「七色のおばんざい」のオープニングアニメーションなど多くの作品を生み出している。
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 クーポン付きメルマガ登録サイト「メールホッパー!」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク