EメールポータルサイトColta[コルタ]

ソーシャルメディアマーケティングの現場発 ソーシャルプレイヤーズ インタビュー

ソーシャルメディアマーケティングは、多くの企業様が取り組んでいるものの、まだまだ「どうやって始めればいいのか分からない」「何をすればいいのか分からない」といった企業様も数多く存在します。そんなソーシャルメディアマーケティングを運営するにあたり、参考になるようなヒント・気づき・テクニック・ノウハウ・事例などを、インタビューから入手して紹介していくコーナーです。

コトシロとはどんな商品ですか?
「コトシロ」はFacebookTwitterなどのソーシャルメディアに対して、情報の投稿・管理を一元的に行えるASP(クラウド)型のサービスです。
なぜコトシロを開発しようと考えたのですか?
トライコーンは、1997年から16年間メールマーケティング関連のシステムの提供やコンサルティングをさせて頂いています。
昨今メールマーケティングの考え方や取り組み方は様々あると思いますが、目的をシンプルに表現すると「Eメールを使って顧客に情報発信をし、関係の構築・維持を図る」ことだと考えております。このEメールによる情報配信はいわゆる「プッシュ型」の手法と言われていると思いますが、この手法は発信者主体で「いつ、誰に、何を伝えるか」を実行することができる手法だと思います。
そして、「プッシュ型」と対比的に用いられる言葉として「プル型」という手法がありますが、これはWEBサイト・ブログ・各種ソーシャルメディア・各種インターネット広告・RSSなどを利用してユーザー側に「情報を見つけてもらう」ことができる手法だと思います。
私共トライコーンでは、「プッシュ型」のメールマーケティングだけでなく、「プル型」のあらゆる情報発信手法を活用することができる「情報発信のプラットフォームサービス」を開発し、企業様のマーケティング・PR活動を効率的かつ効果的なものにできればと思い、「コトシロ」の開発を行うことに致しました。
どうしてソーシャルに着目をしたのですか?
ご存じの通り、現在様々なソーシャルメディアサービスが展開されており、企業においてもマーケティングを目的として活用されることが非常に多くなってきたと思います。ソーシャルメディアは「情報の拡散」が期待でき、Eメールとは違ったアプローチで自社サイト・サービスへの導線を取ることができるため、企業様での導入が増えてきているのだと思います。
弊社と致しましては、メールマーケティングで培った情報発信のノウハウを別の情報発信手段でも活用し、お客様のマーケティング活動の手助けとなればと思い、今回ソーシャルメディアに着目した次第です。
社内ではどんなソーシャルマーケティングをやっていますか?
弊社では、会社公式でFacebookページ、メールのコミュニケーションを学ぶことができるサイト[Colta/コルタ]でFacebookページとTwitterアカウントを運用しています。また、最近コトシロでもFacebookページとTwitterアカウントを開設して運用を開始しています。
ソーシャルを活用したマーケティング数値はいかがでしょうか?
例えば、[Colta/コルタ]のFacebookページの場合、一つの投稿あたり、数百〜数千のFacebookユーザーの方々に投稿が配信されることがあります。
通常、メールマガジン会員を短期間で数百〜数千獲得する場合は、広告展開やインセンティブの用意を行う等、コストを要する場合がありますが、FacebookTwitterなどのソーシャルメディアの場合、コンテンツ(中身)次第で情報が一気に拡散してゆくことを実感することができました。
今後どんな展開を検討されていますか?
コトシロは「情報配信のプラットフォームサービス」というのがサービスコンセプトになっております。
未だ詳細は申し上げられませんが、今後更なる投稿先の拡充を行ってゆく予定です。また、単に投稿をするだけでなく、マーケティングに活用頂けるよう、効果測定関連の機能も増強してゆく予定です。是非、ご期待ください。
複数メディア情報一括投稿・管理サービス「コトシロ」
複数メディア情報一括投稿・管理サービス「コトシロ」

[ 関連する記事 ]

ページのTOPへ戻る