TOP > Coltaメールマガジン「WEBマーケティングビジネスに関わる方へ」 > 2014年1月30日配信バックナンバー

WEBマーケティングに関わる方へ

2014.01.30 vol8.

『 年間計画を立てると、メール配信活動は楽になるのか? 』

1.コルタが教えてくれたWEBサイト運営テクニック

2007年に運営を開始したコルタも今年で6年目。 5年間のコルタ運営で培ったWEBサイト運営テクニックをご紹介します。

「年間計画を立てると、メール配信活動は楽になるのか? 」

2014年が始まり、既に、1か月が経過しようとしています。
皆様、年初に掲げた目標に、しっかりと進んでいらっしゃいますか?

私が掲げた目標の1つに「英語学習の開始」があるのですが、とりあえず、開始はしてみましたので、目標達成です!

ただ、開始するのは直ぐに達成できることなので、今一度、高い目標に切り替えて、勉強を継続するような目標に変えてみようかなと思ったりしています。

そしてもちろん、このコルタメールマガジン編集部でも、年初に今年の目標を立てました。

それは、皆様に笑われてしまうほど、当たり前で単純なことなのですが、
「2014年、毎月メール配信を行い、皆様にコルタ情報を発信する」ということです。

どうしてこんな当たり前で単純な目標を立てたのか、理由を述べさせていただきます。

メルマガの続きはここから↓

昨年の4月から12月までメルマガを配信させていただきましたが、4月時点でクリック率が0.2%だったのが、12月時点ではクリック率3%にまであがりました。

大げさに言えば、クリック率が15倍になった!とも言えます。

一般的に、メールは送りつづけると、クリック率は下がるという定石があります。

私たちは、お客様に対して、そのような定石を案内しています。

ただ、今回の場合、送りつづけたら、メールのクリック率が上がっているのです。

なぜ?
この先、送り続けたらどうなるの?
この定石が当てはまる場合と、当てはまらない場合とがある?

そんな疑問を解消すべく、今年1年、メールを送りつづけて、調査をしなくてはいけないという使命感を感じました。

これが、コルタメルマガ編集部が
「2014年、毎月メール配信を行い、皆様にコルタ情報を発信する」を今年の目標にした一番の理由です。

私たちがこの目標を達成するためには、1回のメール配信活動の業務負担を減らさなくてはいけないと考えています。
というのも、昨年、メール配信活動を行うプロセスの中で、最も時間がかかった部分は、何を書けばいいのか?を考える時間でした。

前々回のメールマガジンでは、メルマガ文章を3日で制作するフローをご紹介しました。

  • 1日目:ポイントをまとめる・叩きの文章を作る
  • 2日目:詳細の文章を作る
  • 3日目:誤字・脱字・文字ユレをチェックする

この中の1日目「ポイントをまとめる・叩きの文章を作る」作業が、一番時間がかかっていました。

この時間課題をクリアしたいと強く思い、今回、「1年分のコンテンツ計画を立てる」ことに挑戦してみました。

これで、メルマガ運営が、本当に楽になるのかどうか、結果が楽しみです。

ということで、
メールを送りつづけるとどうなるのか?
年間計画を立てると、メール配信活動は楽になるのか?

来年、その結果が出たら、発表したいと思います。

このページのトップへ

2.コルタが教えてくれたビジネススキル

コルタが教えてくれたビジネススキルのコーナーでは、 コルタ運営にあたって体感したスキル、身に付いたスキル、 気づいたスキルをご紹介していきます。

「会議の場所を変える」

WEBサイト運営をチームで運営していると、当然のことながら、会議が行われます。

会議の目的には、目的や価値観や方向性の共有・目標進捗度合いの共有・目標達成のアイディア出し・自分が抱える課題解決・他人業務へのアドバイス・事件事故の共有など、ご存知の通り、色々とあります。

ただ、目的がどうであれ、出席者の意見は、とても大切だと感じています。

たとえ、出席者の意見を必要としないような、一方的な伝言をするような会議でさえも、出席者からの質問があれば、その方が何を考えているのか?把握することができますし、その質問に回答することで、全員の納得感や理解度を高めることもできます。

そんな大切な出席者の意見なのですが、普段の会議の場で、自然に出てくるようなものではないのです。
おそらく、多くの会議主催者の方は、この悩みを抱えているのではないでしょうか?

メルマガの続きはここから↓

少なくとも、私自身は、コルタ運営チームでの会議で、その問題を抱えている当事者です。ただ、そういった問題をそのままにしておくのも、精神衛生上良くないので、問題の解決に取り組んでいます。

未だ、完璧なノウハウを身につけたとは言い難いですが、ちょっとやってみたら、何となく効果があったなという策をご紹介します。

それは、「会議の場所を変える」ことです。

非常に単純で申し訳ないのですが、会議の場所を変えるだけで、参加者の気分が変わり、主催者の気分も変わり、いつも以上に意見が出てくる場合があります。主催者にしてみれば、いつもと違うことをするのは、面倒だし不安だったりもするので、何らかの抵抗感をもつかもしれません。

でも、主催者の目標の1つは、参加者の意見を引き出すこと。

参加者の意見が引き出せれば、会議が効果的になり、チーム運営がいい方向に進む。そんな風に考えると、抵抗感がかなり薄らぎます。

ちなみに、コルタ運営チームでは、四半期ごとに目標を設定しています。

そのため、四半期に1回は、前四半期の目標の進捗共有と、次の四半期の目標設定について話し合いをします。そういった話は、参加者の意見が重要なので、場所を変えて会議をすることで、参加者の意見を引き出す努力をしています。

場所を変えて会議をした結果、参加者が、本音に近い意見を出してくれました。その本音に近い意見は、時にポジティブですが、時にネガティブです。会議主催者としては、ネガティブな話を聞くことは、心が痛みます。

ただ、普段、仕事をする現場では、周囲の方々の本音を知る機会が少ないのも事実ですので、どんな内容であれ、本音に近い意見がもらえるのは、ありがたいことです。

主催者がしっかりと意識していれば、ネガティブな意見であっても、その意見をチームの運営に活かせるはずです。

ということで、ネガティブな意見も、主催者がポジティブになり、受け入れましょう。

また、場所を変える会議と言う意味では、コルタメルマガ運営チームでは、四半期に一度夜の食事会があり、不定期ですが、ランチミーティングを開催しています。夜の食事会やランチミーティングは、あまり仕事の話になることはありません。

ただ、そういった場で、メンバー同士がコミュニケーションをとっていれば、お互いの理解度が高まり、お互いのいい面を理解しあえるので、仕事にもプラスに働いているような気がします。

今回は、「会議の場所を変える」ことで、参加者の意見を引き出す会議を紹介しましたが、参加者の意見を引き出し、活かす方法は、まだまだありそうです。

次回以降も、コルタチーム会議運営の試行錯誤の様子を、皆様にご紹介させていただく予定です。

このページのトップへ

こる博士のHTMLメールの作り方 第3回

こる博士が、HTMLメール制作の基本的な事から、ちょっとしたテクまで今後色々ご紹介していきます。

今回のお題は
『 HTMLメールにCSSのheightは使えない?! 』です。

どうやらあるメールソフトでは、
CSSのheightプロパティが効かないらしいのです。
CSSが効かなかったらどうしよう?!

さて、結果はどうなるでしょう?!

『 HTMLメールにCSSのheightは使えない?! 』

編集後記

今月もコルタメルマガを最後までお読み頂きありがとうございます。
Colta編集部の平野です。

2014年になって早ひと月。
みなさんいかがお過ごしでしょうか?

風邪などひいて、体調を崩していないでしょうか?
Colta編集部内も、咳をしていたり鼻声だったり、
マスクをしている人もチラホラ見かけます。

わたし自身も1ヵ月の間に2回も風邪を引くという失態があり
もう絶対風邪なんかひかない!と決め、体調管理を気をつけています。

恒例?の勝手にランキング!
『 体調管理の為に今ハマっている事ベスト3 』
------------------------------------------
1位.毎日湯船に浸かって、しっかり体を温める
2位.野菜をいっぱい食べる
3位.なるべく早く寝る

一番簡単そうな、3位の「なるべく早く寝る」が
一番難しかったりします。。

あなたの独自の体調管理法などあったら教えてください!
ではまた来月♪


前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク