TOP > Coltaメールマガジン「WEBマーケティングビジネスに関わる方へ」 > 2013年10月29日配信バックナンバー

WEBマーケティングに関わる方へ

2013.10.29 vol6.

「続けるプロジェクトで身についたメルマガ制作フロー|新連載『HTMLメールの作り方』 」

1.コルタが教えてくれたWEBサイト運営テクニック

2007年に運営を開始したコルタも今年で6年目。 5年間のコルタ運営で培ったWEBサイト運営テクニックをご紹介します。

「そのまま使えるサンプルは、人気が高い! 」

皆様がメルマガ登録して下さったウェブサイト「コルタ」は、メールに関する情報を提供したいと考えた結果、作り始めたウェブサイトです。

運営を開始して、既に5年がたちまして、開設当初に比べて、コンテンツ量やカテゴリーが広がっています。そして、そろそろ整理が必要な時期にやってきたかなと実感しています。

整理を検討すべき時期だから・・・ということでもないですが、「コルタ」のウェブサイト効果測定は、しっかりと行っています。

ちなみに、一番読まれているコーナーは、

メルマガの続きはここから↓

「ビジネスメールのテンプレートサンプル」のコーナーです。

そして、次に読まれているコーナーは、「メールの署名テンプレート」のコーナーです。

月により多少の変動はあるにせよ、ほぼ毎月、この結果になっています。

この2つのコーナーには、共通する点がありますが、皆様、思いつくことはありますでしょうか?

といいつつ、タイトルを読めば誰もが思いつくことですが、両コーナーとも、サンプルが置かれているコーナーとなっています。

これらサンプル関連ページの総PVは、月間で100,000以上ありますが、他ページのPVは、月間100ほどだったりするので、その差は、月間で1,000倍以上です。

この結果をシンプルに判断して、「サンプルというそのまま使えるコンテンツは、PVを集めやすい!」という仮説を立てました。

確かに、自分自身で何か書類が必要になった時は、WEB上で検索をしてサンプルを集めます。

そういった自分の行動を振り返れば、サンプルコーナーのアクセス数が多いのは、合点いきます。

ただ、サイト内でPVが1,000倍も違うので、そこはサンプルコーナーの強さに、ただただ、脱帽です。

リンクにアクセスいただければ、「意外とシンプルなコンテンツにも関わらず、そんなPVを稼ぐの?」と驚いていただけるのではないかと思います。

是非、今一度、チェックしてみてください。

私としては、今後、このコルタから教わった「サンプルというそのまま使えるコンテンツは、PVを集めやすい!」という仮説を検証するために、別企画を検討しなくてはいけないと考えています。

皆様も、ウェブサイトのPVアップでお悩みの時、PVアップを目的とした企画を立てる時、コルタが教えてくれた「サンプルというそのまま使えるコンテンツは、PVを集めやすい!」という仮説の検証をされてはいかがでしょうか?

ご協力をお願いします。

そして、結果のご報告、お待ちしております。

このページのトップへ

2.コルタが教えてくれたビジネススキル

コルタが教えてくれたビジネススキルのコーナーでは、 コルタ運営にあたって体感したスキル、身に付いたスキル、 気づいたスキルをご紹介していきます。

「続けるプロジェクト」で身についたメルマガ制作フロー

前回「続けるプロジェクト」についてご紹介しましたが、実はこのメルマガの運営も、「続けるプロジェクト」として行っております。

というのも、このメルマガ、リニューアルオープンした2013年4月以前、お休みをしていました。

なので、まずは高い目標を掲げる前に、続けることを目標にしようと考えて、開始しました。

高い目標を掲げなかったためか、メルマガ発行に関するプレッシャーを感じることなく、当初立ち上げた目標継続期間を終了することができました。

そして、その結果、参考データやWEBサイトへの影響を測定できたことと、私自身にちょっとした技術が身についたのが収穫でした。

私自身に身に付いた技術、それは何でしょうか。

メルマガの続きはここから↓

それは、メルマガを3日で制作できるようになったということです。

正確に言えば、まるまる3日間かかるわけではなく、最低限3日間あれば、通常業務の傍らでメルマガを制作できるようになったということです。

そんなの技術ではない。そんなことは承知なこと。レベルの低い話。

そんな風に思われる方が多いのは想像がつきますが、メルマガ運営においては、まだまだビギナーである私にとっては、とても喜ばしい出来事でした。

3日間で制作できるようになったのは、経験をして自信がついたことと、メルマガの制作フローを確立できたことが要因です。

ちなみに、確立したメルマガ制作フローとは、

  • 1日目:ポイントをまとめる・叩きの文章を作る
  • 2日目:詳細の文章を作る
  • 3日目:誤字・脱字・文字ユレをチェックする

です。

たったこれだけのことをするようになっただけなのですが、これで、作業時間がかなり短縮できました。

まず、1日目に「ポイントをまとめる」作業をするようになったのですが、以前は全く意識せず、文章を書き始めていました。

そのため、時間をかけて書いた文章であっても、何か違和感を覚えたり、また、伝えたい内容が書いているうちに変わってしまったりすると、今まで書いた文章を全部消さなくてはなりませんでした。

こんな無駄な作業を、何度も繰り返していた覚えがあります。

それが、書く前にポイントを絞る作業を入れたことで、書いて消しての無駄作業が減りました。

もちろん、「ポイントをまとめる」考える作業時間が長引くことがありますが、それでも、書いて消しての作業を繰り返すよりは、マシだと感じています。

また、1日目に「叩きの文章を作る」、2日目に「詳細の文章を作る」と、文章を作る日を別々にしたことで、文章の恥ずかしさを無くすことができました。

というのは、例えば、ラブレター、書いた次の日に見たら、とっても恥ずかしいことになっている!という話は、よく聞ききますし、自分でも少しばかり体験しましたよね。

それと同等のことが、メルマガライティングの現場でも起こり得ます。

昨日は自信満々で偉そうに書いた文章だったのに、その文章を翌日読んでみたら、何とも恥ずかしい文章だったとか。

こういった経験をした私は、そんな反省点を踏まえ、文章は2日にわたって見直すことにしました。

その結果、恥ずかしいメルマガ文章を減らすことができました。

3日目は「誤字・脱字・文字ユレをチェックする」のですが、当初は、校正という概念を持っていなかったので、書きながら間違いチェックをしていました。

何度かメルマガを制作してみると、自分が間違いやすいポイントが徐々に分かってきます。

そのポイントをまとめてチェックするため、校正という時間を3日目に持つことにしたところ、特に文字ユレの発生確率が減ったのではないかと思います。(減っただけで、ゼロにはなっていないかもしれません。)

ちなみに、1日の作業時間は、内容にもよりますが、1,2時間といったところです。

メルマガを担当し始めた頃は、いつ書き終えるか?まったく見えない状況でしたが、今では、「3日あればメルマガが書けるかな」と予測できるようになったし、制作工程としても確立してきたので、自分自身の業務スケジューリングが楽になりました。

もちろん、メルマガは3日で書くことがゴールではなく、読む人の立場になっているか?もっと伝わる表現はないのか?を追求していくべきで、まだ、そのレベルには行きついていません。

また、メルマガの文字数やコンテンツの種類によって、その制作フローは変わっていくので、引き続き、続けるプロジェクトを実施して、更なる技術向上を目指していきます。

ということで、コルタから学んだ「続けるプロジェクト」、学べることも多いので、皆様にもお薦めします!

このページのトップへ

こる博士のHTMLメールの作り方 第1回

こる博士が、HTMLメール制作の基本的な事から、ちょっとしたテクまで今後色々ご紹介していきます。

HTMLメールの良いところと言えば、

  • 画像が使える
  • 文字に色がつけられる
  • 自由度の高いレイアウト

など、文字だけのテキストメールと比べるとより訴求性の高いツールですよね。

・・・でも、実際作るとなるとなかなかスムーズにいきません。
「HTMLのタグは全部使えるの?」「CSSは効くの?」とか、デバイスによって見え方が変わってしまったり(涙)など。

新キャラ「こる博士」が解説!
第1回は、HTMLメールのコーディング方法についてご紹介です。↓↓↓

「HTMLメールのコーディング、table?div?どっちがいい?!」

編集後記

今週に入ってすっかり秋めいてきましたね。わたし個人的にはホットコーヒーが美味しい季節になり、うれしい限りです。

コルタ編集部内にはコーヒー部なるものがあり、「メンバーが好きなコーヒー豆を買って来て、好きな時に淹れる。」というシンプルな活動内容ですが、毎日淹れたての美味しいコーヒーを職場で飲めるのはとてもありがたいです。

ちなみにわたしは、酸味が少なく苦めでコクのある豆を少し薄めに淹れて飲むのが好きです。変わっていますかね(笑

朝会社に来た時、既に誰かがコーヒーを淹れてくれているといい香りがして、なんとも幸せな気持ちになります。

急に寒くなり、風邪が流行っているようです。体調にはくれぐれもお気をつけください。ではまた来月。


前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 クーポン付きメルマガ登録サイト「メールホッパー!」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク