EメールポータルサイトColta[コルタ]

Eメールマーケティングの現場発  メルマガノウハウインタビュー

HTMLメールのクリック率が、テキストメールの約3倍に!株式会社グリップインターナショナル

「ゴルフにファッションを!」をキーワードに、ゴルフアパレル業界で大活躍のグリップインターナショナル社の取材をさせていただきました。店舗への来店促進メールや、ECへのアクセス促進メールなど、複数のメール配信を行う同社は、どのようなノウハウをお持ちなのでしょうか?

メール会員の獲得は、イベント会場でのタッチ端末+声かけ活動から始めました。

メール配信を始めたきっかけは何ですか?
ダイレクトメールなど紙媒体を活用した販促活動を行っていました。紙媒体での販促には課題がありました。例えば、コストが高かったり、リードタイムが長かったり。このあたりの課題を解消したいと思い、メール配信によるプロモーションを行うことにしました。
メール配信を開始した時の様子を教えてください。
最初は、メールアドレスがありませんでしたので、イベント会場でメールアドレスを集めることにしました。イベント会場では、携帯電話をタッチすると自動的にWEBが表示されるタッチ端末を設置しました。これにより、お客様が登録を手間だと思わずやってくれるのでは?と考えていました。
その後の会員集めはどうされていますか?
色々な方法で会員を集めています。店舗ではリーフレットを渡し、声かけ活動を行って、メールマガジン会員登録を促しています。雑誌でのタイアップ企画で、メールマガジン会員を集めたこともありました。かなりいい結果でした。

HTMLメールのクリック率が23%まで上がりました。

メール配信の反響はいかがでしょうか?
一部店舗からは、お客様から反響があったことを聞いています。ただ、数は少ないので、引き続き努力をしていきたいと思います。ECのお客様からの反響はいいような気がします。
反響がいいとは?
テキストメールを送っていたころは、クリック率7-9%を推移していました。その後、配信するメールをテキストからHTMLメールに変えたところ、クリック率が23%まで上がりました。HTMLメールの方が反響が良いと考えていますので、今では、主にHTMLメールを送信しています。
クリック率、非常に高いですね?
そうですか?ファンの方々が、ブランドに興味を持っていらっしゃるということだと思うので、とても嬉しいですね。
クリック率を高めるために、他に工夫していることはありますか?
やはり件名が大事なので、件名を作成する時は、毎回意識しています。例えば、当社契約選手が活躍してメディアに取り上げられた後、メールの件名に契約選手の名前を書くと、メルマガのクリック率は上がる傾向にあったりします。

ソーシャルメディア・ダイレクトメール・Eメールの連携を考えていきます。

クリック率向上ノウハウですね。他のメディアでもこのノウハウは活きますか?
ECサイトで同様のノウハウを使っています。例えば、バナーデザインは、メールの件名と同じように考えて作成しています。これによりECサイトでのアクセスも変わります。
今後のWEBマーケティングをどう考えていますか?
ソーシャルメディアの活用が気になっています。ソーシャルメディア・ダイレクトメール・Eメールをどのように連携させるか?を考えていきたいです。
「グリップインターナショナル」とは?

Heal Creek・VIVA HEART・J.LINDEBERG・CHERVO・Rosasenなど、複数のブランドを運営するグリップインターナショナル社。ベンチャースピリッツを持ち続けトップを目指すという方針のもと、事業展開を広げています。

「グリップインターナショナル」詳しくはこちら!
HTMLメールのクリック率が、テキストメールの約3倍に!

テキストメールからHTMLメールに変えるだけで3倍になったわけではなく、努力されて、素敵なHTMLメールを作った結果だと思います。あとは、世の中の流れとメールの件名をクロスさせるという意識や活動も、クリック率向上に一役担っているのではないでしょうか?前回の株式会社監査と分析の上念様も仰っている通り、メールのクリック率を上げるために世の中のトレンドにアンテナを張るというのは、必須なようですね。

[ 関連する記事 ]

ページのTOPへ戻る