EメールポータルサイトColta[コルタ]

Eメールマーケティングの現場発  メルマガノウハウインタビュー

件名がメール配信結果を変えた! 「地域新聞ぷりっぱー」総合商研株式会社 秦野祐介氏

北海道の中心、札幌市で約83.1万部を発行しているフリーペーパーの「地域新聞ふりっぱー」。配布エリア内のすべてのご家庭や職場のポストに直接配布される「全戸宅配」を基本とし、「本当に地域密着!」を追求されています。本日は、この「地域新聞ふりっぱー」を運営する総合商研株式会社の秦野様から、メール配信活動について、色々と聞いてみました。

多くの人に情報を届けたいので、メール配信を開始しました。

メール配信はどんなきっかっけで開始したんでしょうか?
「地域新聞ふりっぱー」は、2006年に新創刊しました。1992年頃に創刊していた「週刊ふりっぱー」を刷新しました。その後、WEBサイトは、2009年6月頃にリニューアルしました。そのWEBリニューアルと同時期に、会員向けのメールマガジンの配信を開始しました。
どんなメールマガジン運営をしたいと思われていましたか?
当初の目標は、まず会員を集めることでした。地域新聞「ふりっぱー」では、「全戸宅配」という方法で、多くの方々に情報を提供しています。同様に、1人でも多くの人に情報を読んでいただきたいという思いから、メール配信を開始しました。
沢山の方々に情報を発信したいという思いは叶っていますか?
思いを叶えるために、継続的にいくつかの施策をうっています。現在のメインターゲットが、20-40代の女性ですので、SNSで情報発信を行っています。しかしながら、年代が上の方や、PCに詳しくない方々もいらっしゃいますので、そういった方々に情報を届けるのであれば、メールがよいと感じています。
SNSではどんなことを?
TwitterとFacebookを運営しています。Twitterではサイトの更新情報などをタイムリーに発信しています。フォローワー数も徐々に増えて、2000人(平成24年6月時点)を超えてきていますので、手ごたえを感じてきています。Facebookでは、普段目にすることが少ない取材の裏側などをお見せするようなコンテンツを提供しています。これから「いいね!」数が増えていくことを期待しています。
SNSとメールとの違いは?
やはり、メールはPUSH型のツールで、SNSやWEBはPULL型のツールだということじゃないでしょうか。お互いの特色を活かしながら運用することで、沢山の人にコンテンツを提供できると考えています。先々は、メールとSNSを連携して利用する方法を見いだしたいですね。

メールは送り続けることが大事です

メール配信をしていて、気づいたことはありますか?
メール配信を開始すると、読者の皆様は、メールを待ってくださるということですね。弊社では原則、金曜日の夕方に配信をしているのですが、お正月やお盆はお休みをいただくことがあります。そうすると、休み明けに「今週のメールマガジンが届いていませんが?」という問い合わせをいただくことがあります。皆様にメールを待っていただいているのであれば、メール配信は継続して続けないといけない!とひしひしと感じています。
期待度の表れでもあるメール配信結果は、確認されていますか?
もちろん、1人でも多くの方にメールを読んでいただきたいですし、ふりっぱーWEBも見ていただきたいですから、どれくらいの方々がメールを開封してくださったか?クリックしてくださったか?はチェックするようにしています。
結果はどんな感じでしたか?
良く言われていることですが、メールの件名次第で結果が大きく変わりますね。特にいい結果が出ているのは、時節の話題や、プレゼントの情報がうまく件名に盛り込まれている時という印象があります。
具体的には、「地域新聞ふりっぱーメールマガジン Vol.000」と「今月も嬉しいプレゼント!癒しコンテンツをチェックしよう!☆地域新聞ふりっぱーメルマガVol.000」の件名では、開封率は、1.5倍も違いました。

「本当に地域密着」するメールを送りたいですね

今度、どんなメール配信をしていきたい!といった想いはありますか?
「地域新聞ふりっぱー」では、生活圏の情報を発信することで、「本当に地域密着!」することを掲げています。そのため、札幌市内には10区ありますが、これを4つの生活圏に分けて4エリアとし、1エリア1つの「ふりっぱー」を発行しています。メール配信でも、「地域新聞ふりっぱー」と同様、エリア分けができるメール配信をしていきたいと考えています。 これにより、メールでも「本当に地域密着!」することを目指していきたいですね。
「地域新聞ふりっぱー」とは?

毎月1回発行されるフリーペーパー「地域新聞ふりっぱー」は、現在、札幌南版、札幌西版、札幌北東版、白石厚別版の全4版・合計83.1万部を発行しています。このふりっぱーは、配布エリア内のすべてのご家庭や職場のポストに直接配布される「全戸宅配」が基本(一部未配達エリアがあります)。
 「本当に地域密着!」を追求するフリーペーパー(無料情報誌)です。町の身近な話題が満載!!地域に密着した情報豊富!!足元のマチ情報を生活者視点で紹介しています。

「地域新聞ふりっぱー」詳しくはこちら!
結果にこだわるなら、件名にこだわろう!

総合商研様からは、「配信し続ける」「件名にこだわる」「他サービスの方針と合わせる」といったメールマーケティングの原則を、メール配信の現場から、改めて教えていただきました。

「配信し続ける」ことは、読者の方の期待に応えるという意味合いだけではなく、結果を上げるための試行錯誤をするためにも必要な活動です。何か悩んでいる方がいらっしゃれば、配信し続けてみましょう。

また件名に関しては、多くのメルマガ担当者が仰っていますが、こだわれば結果が上がる!ことは間違いなさそうですね。総合商研様は、プレゼントというキーワードが件名に入ると、開封率が1.5倍も違うとのこと、驚きです。「結果にこだわるのなら件名にこだわろう!」はメールマーケティング業界の標語のようなものですね。

[ 関連する記事 ]

ページのTOPへ戻る