TOP > 特別リレーインタビュー > リレーインタビュー第15回

リレーINTERVIEW

ビジネスシーンでのEメール!特別インタビュー第15回 モリナガ・ヨウ 氏

吉川みきさんからのご紹介で、イラストレーターのモリナガ・ヨウさんにお話を伺いました。
モリナガさんの作品は、戦車食玩「ワールドタンクミュージアム」や「王立科学博物館」の解説書のイラスト、南日本新聞等の連載中の四コマ漫画「あら、カナちゃん!」など、一度は目にしている方も多いかと思います。そんな多忙なモリナガさんにお話を伺いました。(08/6/27)

小さい時から絵が得意だったのですか?

祖父母が画家(日本美術の肉筆模写職人)でした。そういう環境だったので小さい頃から絵を描くのが大好きでしたね。5歳の頃の絵を見るとあまり可愛げがないというか。親が、よく上から見た町の絵なんかを描いていたよって言ってました。今でも部屋を上から見た絵とか生活感があるものが好きですね。
高校生の時に東海林さだおさんの『ショージ君の青春記』を読んで、早稲田の漫研に入りたくなって大学受験をしました。当時(昭和30年代)ののんびりした学生生活に憧れてたんでしょうか。(※編集部注:早稲田の漫研の先輩には、園山俊二さん、東海林さだおさん、『ドラゴンクエスト』の堀井雄二さん、弘兼憲史さん、『わたしんち』のけらえいこさんなど有名な方が多いです。)
漫研にいる時にアルバイトで描いたりしてました。漠然と絵で食いたいなーとは思ってましたが、大学二年の時に家の事情で生活費を稼がなくちゃいけない状況に追い込まれて、「絵が描けます!!」って言って仕事をもらうようになりました。 本格的なデビューは『朝日ウイークリー』です。'90年にじゃらんで連載の漫画を描くようになって、ようやくバイトをしなくても絵だけで食べられるようになりました。

何で描かれるのですか?

水彩紙に鉛筆やペンで下書きを描いて水彩絵の具で色を塗ります。水彩紙はでこぼこしていて独特の線が出るんですよね。タッチは若い頃からほとんど変わらないようです。 絵の学校に通ったわけではないので、「漫画入門」や教本を参考にして仕事をしながら自分で勉強しました。材料とか色の指定とかも実験的にやりながら現場で覚えていったので美大出の人なんかからみたらちょっと違うのかも知れませんね。
フジテレビのCGセンターでアルバイトしていた'90年頃に、コンピュータで絵を描くということをちょっとやってみたんですが、ものすごく便利だけど目も疲れるしあんまり肌に合わなくて。絵に触れないし。今ではおまけで付いてくるようなソフトが当時は100万円くらいするっていう事情もありましたけど、やっぱり僕は紙に絵を描くのが好きだったんですね。
一時期雑誌の表紙が軒並みCGアートになって、まずいな〜と思った時もありましたが、今は手書きであることで違いが出せるのかな〜と思うようになりました。“ハイセンス・ローテク絵師”なんて褒めてるのかけなしてるのかわからないことを言われたこともありますが(笑)、これが逆に新鮮なのか真似をされることもありますね。

インターネットなどは利用しますか?

インターネットは調べものによく使います。昔は、絵描きは図書館が閉まると機能不全に陥っていました。例えば「ハンドマイクを描いてくれ」って依頼されたらハンドマイクを探したり、図書館に行って調べなければいけないじゃないですか。今なら「ハンドマイク」って検索するとものすごい勢いで画像が出てきますよね。あれは劇的ですね。情報や書いてあるもの全てを信用しているわけではないんですが、激しく参考になると思います。
それと、電話交換台っていう意味でホームページを作ったんですが、新規の仕事の依頼はほとんどインターネット経由できますね。電話がくることはほとんどなくなりました。

一番苦労するのは?

画面構成を考えることですね。葉っぱの絵とか、一つのものを描くのはただ楽しくていいんですが、ページの中に文字とかがあるとどこから読ませるかとか、何を大きくして何を小さくするかなどの配置を考えるのが大変です。それが決まるとあとは楽に描けるんです。これに時間がかかってしまってもなんとか最終的には間に合う。…最近そうでもないかな?
それと、やっと立ち直ったのですが“老眼ショック”というか5月位までは話題の中心は老眼で、人との話もそればっかりでした(笑)。
絵を描くときはギリギリまで顔を紙に近づける癖があったんです。色を塗るのも小さい角の端まで筆先が入っているのを確かめたいんです。ルポものなんかを描いている時は画面にグングン入り込んでいくのが面白いんです。そうすると絵と自分だけの世界になれたのに、離して見ると余計なものが見えて気が散ってしようがないんですよね。離さないと見えにくくなっているのに無理をして描き続けていたので疲れたというだけの事なんですが(笑)、目は致命的なのでかなりショックでした。
その時は画面を見るのがイヤになりました。それでわかったのは、楽しいから絵を描いてたんだってことですね。楽しくないとあっさりやめてしまう自分に驚きました。これは発見でしたね。一日中安定した光が入るように机を移動したり、その上を片付けたりしてやっと6月半ばに完全復活宣言をしました。

現在進めているお仕事を教えてください。

『朝日ウイークリー』、『あるじゃん』、『カーセンサー』などの連載のほかに単行本のイラストの仕事を何本か抱えています。以前は雑誌がメインだったんですが、最近は一般には出ない、土木学会誌とか、東京メトロの社内報の表紙デザインとか長丁場の仕事も多いですね。
それと子供ができてから絵本を見ることが多くなって、雑誌の仕事とは全然違うってことがあらためてわかりましたね。一枚を見せる時間が長いんですよね。それで絵の描き方も変わって、児童書(図鑑)の仕事をしてみたくなりました。イラストルポ展覧会の見取り図や、なぜか映像出演の依頼もあります。ちょっとの量だと生活していけないんじゃないかと思ってしまうし、フリーでやってるので来年どうなるかわからないですから、絶えずガチャガチャと仕事を抱えてないと安心できないんです(笑)。


モリナガ・ヨウ氏モリナガ・ヨウさん
その作品は緻密で温かく、絵に添えられた独特な表現のコメントも人気の秘密。
自らが体験するルポや、調べて説明するような仕事を得意としており、特に『35分の1スケールの迷宮物語』などのイラスト・コラムは氏の才能が遺憾なく発揮されており、模型マニアの間では人気が高い。イラスト、漫画の他に立体作品なども手掛ける。




モリナガ・ヨウさん
作り出される作品と同じ、お話も楽しくてあったかでした。インタビューの間も鉛筆でサラサラと絵を描いて説明してくださいましたが、その走り書きさえ立派な作品で、絵心のない私には魔法の手に見えてしまいました。
緻密な絵の中にどことなく懐かしさが漂いますが、特に小さい時にプラモデルにはまった経験がある方には「あるある」感も共有できる点が熱烈なファンにはたまらない魅力のようです。

第16回特別インタビュー 吉祥寺 怪人氏
第14回特別インタビュー 吉川 みき氏

バックナンバー一覧へ
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 クーポン付きメルマガ登録サイト「メールホッパー!」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク