TOP > 特別リレーインタビュー > リレーインタビュー第13回

リレーINTERVIEW

ビジネスシーンでのEメール!特別インタビュー第13回 岡崎 司 氏

今回は民謡歌手の木津茂理さんから、ミュージシャンの岡崎司さんへのバトンタッチです。岡崎さんは『劇団☆新感線』の舞台の音楽制作を中心に、お芝居の舞台上でかかる音楽を作っていらっしゃいます。先日、解散から11年ぶりに活動を再開した、コミックバンド「おかげ様ブラザーズ」のメンバーだった岡崎さんが、劇団☆新感線の音楽作りに関わるようになったきっかけから現在の活動まで、いろいろとお話を伺いました。(08/5/27)
今回は一部と二部、2回に分けてお届けします。

「おかげ様ブラザーズ」からなぜ「劇団☆新感線」に?

「おかげ様ブラザーズ」で関西を中心に活動していたのですが、バンマスのきんた・ミーノが、新感線の劇団員だった羽野晶紀さんの曲の提供とバックバンドを依頼されたのが始まりです。しばらくは羽野晶紀さんのバックバンドを生演奏でやっていたのですが、その後、新感線の演出家のいのうえひでのりさんから、舞台で使うロックのカラオケを作ってくれないかという話があってそっちの仕事もすることになったんです。当時はハードロックのカラオケなんてありませんでしたからね。いのうえさんと僕の音楽の好みと言うか、センスが似ていたこともあって、そのうち個人的にやり取りをするようになりました。
劇団の制作の基盤が東京に移っってからも2、3年はレコーディングの時なんか自分の車で行き来していたのですが、さすがに京都と東京の往復はしんどくなって、聖飢魔IIのマネージャーをしていた平野さん(現マネージャー)を頼って東京に来たんです。
東京に来てからは打ち合わせに参加できるようになったので、仕事も増えたというか広がりましたね。やっぱり顔を合わせて話をするっていうのは大事ですよね。

作業もかなり楽になりましたね?

京都から東京に通っていた頃は、インターネットもそれほど普及していなかったので、打ち合わせと言えば電話でしたし、出来上がった曲を確認してもらうのも、まずはMDに落として、それを朝新幹線便に乗せたり郵送したりしてました。確認して“OK”という知らせをもらうまで中1日や2日はかかってましたからね。
今は劇団の音楽用のサーバを用意してもらってますので、そこにどんどん上げちゃって、それぞれダウンロードして聞いてもらいます。朝サーバに上げると昼ごろには返事がきますからね。ホントに便利になりました。

元々お芝居は好きだったのですか?

芝居好きというよりは嫌いな方でした(笑)。
大学生の頃に演劇部の友人から、芝居をするから観に来てくれと言われて行ったんですが、何がなんだかさっぱりわからなくて、結局「演劇ってよくわからないなぁ」って思いました。それを面白いと思い始めたのは、生瀬勝久さんの芝居を観てからですね。彼がまだ関西に住んでいたころ『そとばこまち』っていう劇団で槍魔栗三助(やりまくりさんすけ)の名前で座長をやっていたんです。(僕らはいまでもやりさんって言ってるんですが。)そのやりさんときんたが仲が良かったので、『そとばこまち』の音楽を手掛けたのが結果的に今の仕事の始まりなんですが、その時に大学以来久しぶりに芝居を観たら分かりやすくて面白かったんです。
その後、新感線を観たらこれがまたハリウッドとかマンガの世界で面白くて、生身でこれをやってるすごさ、派手さ、照明とかをすごいなーと思って。新感線は面白いから長くやってますけど、全部のお芝居が楽しいかっていうと決してそうではないかも知れませんが。
幸い、私がいただいたお芝居の仕事はどれも面白いですよ。私、運が良いです。

今までに楽曲を提供した舞台を教えてください。

『タケル転生』『髑髏城の七人・アオドクロ』『SHIROH』『吉原御免状』『メタル マクベス』『Cat in the Red Boots』『朧の森に棲む鬼』『犬顔家の一族の陰謀』『IZO』などです。
新感線には、『メタル マクベス』のような“音もの(音楽劇)”や、『朧の森に棲む鬼』のような“いのうえ歌舞伎”と言われるものと、『犬顔家の一族の陰謀』のようにネタだけのコントみたいな“おぽんち系”があるんです。

ストーリーに合わせて作曲するのですね?

映画の仕事はやったことがないのですが、映画はある程度撮ってフィルムを観ながら、みたいなことをするらしいのですが、お芝居は脚本が上がってひと月位の稽古で本番を迎えるんです。だからお芝居が作られるのと同時進行で音楽も作らなければいけないんです。
大体本番のふた月前に脚本が上がって、集中的な稽古はひと月くらいだと思います。 新感線の場合はいのうえひでのりさんという演出家がいて、いのうえさんの中に演出プランがありますから、ここのシーンはこういう風にするつもりなので、これに合った、例えばここは暗い曲とか、観客を煽る曲とかかっこいい曲を、といった打ち合わせを元に作業が始まります。それは言葉であったり、具体的に参考になる曲を聞かせてもらって、こういう空気感が欲しいと言われる場合もあります。もちろん打ち合わせ前には脚本を読みます。
先ほど言ったように、“音もの”や“いのうえ歌舞伎”などがありますが、演出のいのうえさんのプランになるので、そこはあまりぶれません。ただ『メタルマクベス』の場合は、宮藤官九郎さんの歌詞が先行で曲が僕だったので、今まで出なかったメロディとか、言葉のリズムっていうのがあるので、わりと新しいものが書けたような気がします。
今手掛けている『五右衛門ロック』は森雪之丞さん作詞なんですが、世界感がしっかりあるのでジャンルとかメロディが歌詞に引っ張られてしまうんです。これはすごいなぁと思いますね。

一曲一曲仕上げるのですか?

新感線の場合は、オープニングでドカンとかまして、中盤(なかほど)でちょっと シリアスに、後半大団円あたりで勢いのある曲でエンディングで壮大なイメージ と、大体3〜4曲位の大事なメインになる曲があるので、まずはそれから取り掛か ります。『IZO』であったり『朧の森に棲む鬼』であったり、それぞれにイメージ曲(メインテーマ)があって、それに大体2、3週間かけるんですが、それにいのうえさんからOK をいただいた後は、1曲2日位のペースでどんどん進めていきます。

...二部に続く


岡崎司氏岡崎 司さん
人気劇団『劇団☆新感線』の舞台音楽を担当。いのうえ歌舞伎、ファンタジー、コメディまで、作る曲のクオリティの高さには定評がある。
現在は7月から始まる「五右衛門ロック」の楽曲を制作中。また、SKOMB(スコンブ)のギタリストとしても活動を行っており、9月9日には「劇団☆新感線」の楽曲をヘビーメタル調に構成したライブを予定している。
ライブに関するお問い合わせは、チッタワークス(TEL:03-5456-4888)へ。
岡崎さんと、第12回インタビューの民謡歌手、木津茂理さんとの迫力あるライブ映像(朧の森)です。 動画をみる


今回は、岡崎さんのプロフィールや劇団☆新感線の特徴などをお聞きしたところまでご紹介しました。有名人の名前がポンポン飛び出して、『芸能界』の空気をちょっと味わえたような気分でした(笑)。
次回は実際の曲作りの様子や今後の活動などを伺います。コンピュータを駆使した曲作りは未知の世界なので、興味津々です。どんなお話が聞けるかどうぞお楽しみに!

第13回特別インタビュー 岡崎 司 氏(第二部)
第12回特別インタビュー 木津 茂理 氏

バックナンバー一覧へ
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク