TOP > 特別リレーインタビュー > リレーインタビュー第12回

リレーINTERVIEW

ビジネスシーンでのEメール!特別インタビュー第12回 木津 茂理 氏

『ギャラリー・エフ』のIzumiさんからのご紹介で、民謡歌手の木津茂理(きつしげり)さんにお話を伺いました。木津さんはいわゆる「民謡」を唄うだけではなく、細野晴臣さん、宇崎竜童さんなどと、ジャンルを超えたコラボレーションや、海外での活動も積極的に行っていらっしゃいます。(08/5/9)

いつ頃から民謡をうたうようになったのですか?

父が新潟県南魚沼出身で、横浜で民謡の教室の先生をやっていたので、おなかの中から民謡を聴いて育ち、自然に民謡を習うようになっていました。小学生の頃は民謡だけでなく、三味線や日舞やお稽古事がいっぱいですごく忙しかったですね。
初舞台は三歳で、学生時代からテレビやラジオにも出ていただんですが、どうも振り袖を着てセンターで歌うスタイルには抵抗があって、民謡歌手ではなく太鼓奏者として歌手のバックで仕事をするようになりました。

「太鼓を叩きながらうたう」というスタイルになったのは?

それまでは何も深いことは考えずに、歌手の後ろで太鼓を叩いていたのですが、だんだんと自分の民謡観というか、自分の表現したい民謡が現れ始めてきたんですね。ちょうどそんな時期(1997年)に、ウズベキスタンで催される「第一回世界民族音楽祭」に参加することになったんですが、スケジュールが急だったので誰も一緒に行けなくて、結局一人で太鼓を担いで行って、太鼓を叩きながらうたったんです。
「リズム」と「唄」という骨組みだけの部分だけで挑んだわけですが、それがかえって日本民謡の良さが伝わったのかもしれませんが、「審査員特別賞」をいただいたんです。その時に、太鼓を叩きながらうたうのもありかも!とひらめきまして....。そこらあたりから、「太鼓を叩きながらうたう」というスタイルで、本格的にソロ活動を始めました。

いろんな方とセッションもされていますね?

80年代の終わり頃に世界中で、世界の民族音楽が注目された“ワールドミュージック流行り”の時期がありましたよね。日本の音楽家の方たちも自分の国の民族音楽に目を向けてみようという動きがありました。そこで私も呼ばれて一緒にお仕事をするような時期があったのですが、そうやってジャズやロック、ポップスの方と一緒にやっているうちに、今まであまりにも当たり前に自分の目の前にあった民謡を、一つのジャンルの音楽としてとらえられるようになってきたんです。それまでは何も意識しないでやってきたけれど、もう一度ちゃんと向き合ってみようと民謡の世界に戻った時に、身近に素晴らしい師匠がいたことに気がついたんです。「つるとかめ」の津軽三味線の澤田勝秋師匠なんですが、私から一緒にやってください!と熱烈にラブコールをしたんです(笑)。

民謡以外の音楽と合わせるのは難しくないですか?

始めのうちは、ロックのノリに合わせよう、ジャズのグルーブに合わせようなどとやっていたのですが、どうしても無理がありました。逆に民謡のノリ、グルーブを持ったまま近づいていったらとても自然に合わせることが出来ました。それぞれのルーツをリスペクトし合って歩み寄って行くことが大切なんだなぁと実感しました。

民謡になじみのない人にオススメのCDを教えてください。

先ほどお話した、津軽三味線の澤田勝秋師匠とのユニット「つるとかめ」の『しゃっきとせ』のCDをお聴きいただけたらうれしいです。
細野晴臣さんに「このままでだと誰も民謡を聴かなくなってしまう。どうしたら良いだろう?」と相談したら、「じゃあ僕も民謡のために一肌脱がなくちゃね。」と、特別ゲストとして参加してくれました。
このアルバムは、盆踊りなどのノリのいい曲を集めています。レコーデイングもスタジオだと堅苦しくなるので、青森まで機材車で録音機材を運んで、真っ赤なリンゴと岩木山の元、とてもきれいな空気の中で収録しました。“日本人でよかったね!”というキャッチフレーズのCDです。みなさんぜひお聴きください!

今後はどのようなことをやっていきたいですか?

ジャパニーズボイスって自分で言っているんですが、民謡だけにとらわれずに、自分が感じるままにいろいろな歌をうたって行きたいと思っています。とにかく民謡を知らない人たちに少しでも聞いていただける機会を作りたいですね。日本の民謡はこのままでは埋もれてしまうかもしれないので、なんとかしたいです。
「民謡」というと、きっと今の人たちには、居酒屋さんのBGMか、スーパーの鮮魚売り場でのBGMぐらいしか馴染みがないかもしれませんがそこを払拭したいと思っています!(笑)
きっと声を張り上げて声自慢をするようなイメージが、民謡全体のイメージになってしまったかもしれないけど、本当は歌詞に思いが詰まっていたり、別れの悲しさや、祭りの楽しさなど、もっともっとエネルギー溢れるものだったんですね。時代背景や意味なども含まれていたし、その意味を唄にのせて田んぼを耕しながら、酒を飲みながらうたっていた。 そんな男も女もかっこよく大らかだった、日本人の民謡を伝えて行きたいと思っています。 みなさんが、もう一度日本人として誇りを感じていただけるような、ね。

〜私のコミュニケーションツール〜

メカ音痴なんです。メールは送受信と添付ファイルを受け取るくらい、それ以外は頭が真っ白になってしまうので、全部妹に頼みます(笑)。HPも妹に作ってもらっていますが、日記だけは唯一更新できます。
'95年頃、友達にこれからはパソコンが普及するからブラインドタッチだけはマスターした方がいいよ、と練習ソフトで強制的に覚えさせられたので、それだけはできるんです。それ以外の操作はダメです。mixiに書き込みができた時は嬉しかったですね(笑)。
海外の方とのやりとりは時差を考えなくてもいいので便利ですね。今は仕事のオファーや連絡などもほとんどメールでのやりとりになってきていて、曲も添付されてくるので、妹のところに転送してCDに焼いてもらったりします。
先端の音楽家の方たちは、メールでやりとりしながら曲を作りこんで行くみたいですが、 私には無理です!ぜんぜん遠い話です。あんまり妹に頼んでばかりいると悪いので、CDやMDを郵送で送ってくれるようにお願いすることもあります(笑)。 レコーデイングもスタジオを借りて録音する形から、今ではパソコン出来てしまうのですから、すごい世の中ですよね。自分も出来たら便利でしょうね。


木津茂理氏木津 茂理さん
民謡歌手として活躍するかたわら、民謡や民謡太鼓の普及にも力を注いでおり、大学での講演を始め、唄と太鼓のワークショップ等も積極的に行っている。
自身のソロライブを始め、「つるとかめ」や、妹の木津かおりさんとの姉妹ユニットなど様々なステージで活動。レパートリーには、こぶしのきいたスタンダードジャズや、イタリア歌曲などもあり、独特の茂理ワールドで好評を得ている。
6月26日にギャラリー・エフでのライブ、6月29日には浅草で太鼓を叩きながら唄うワークショップを予定している。
詳しくは、Official WebSite でご確認ください。


インタビューを始めた時はどちらかというと感情をあまり表に出さない方なのかなという印象を受けましたが、これからの民謡について伺うと、とても熱くお話してくださいました。
木津さんの民謡はソウルフルでパワフルで、でも懐かしくもあって、民謡の固定概念を覆されました。
今度ドイツに行ったら、日本にはこんなかっこいい歌があるんだよっていうことを伝えて来たいですと話された顔はキラキラ輝いていました。

第13回特別インタビュー 岡崎司 氏
第11回特別インタビュー Izumi 氏

バックナンバー一覧へ
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 クーポン付きメルマガ登録サイト「メールホッパー!」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク