TOP > 特別リレーインタビュー > リレーインタビュー第11回

リレーINTERVIEW

ビジネスシーンでのEメール!特別インタビュー第11回 『ギャラリー・エフ』 Izumi 氏

俳優の小林顕作さんからのご紹介で、浅草の『ギャラリー・エフ』でアートスペースの運営をされている、Izumiさんにお話を伺いました。ギャラリー・エフはカフェバーを併設しており、古い“土蔵”を利用したアートスペースでは美術展、演奏会等のイベントを開催し、様々なアーティスト達の表現の場となっています。
お話は江戸通りに面したカフェで伺いました。(08/4/29)

おしゃれなお店ですね。

今月、開店11周年を迎えましたが、やり残したところがあるままで11年放っているので、そう言っていただくと恥ずかしいです。インテリアデザイナーに頼む余裕もなかったので、内装は全部自分達で考えました。床のレンガは工事現場でいただいたものを埋め込みましたし、カウンターのカーブも絵に描いた通りに大工さんが切ってくれました。椅子はイギリスの教会で使っていたアンティーク、キャビネットは友達からのもらいものです。
ずっと演劇をやってましたので、表現者として、好き嫌いははっきりしてましたね。逆に、あるものを使って好きに作っていったら無国籍のようになっていったみたいです。海外からのお客様が多いのですが、どの国の人も「自分の国の心地いい場所にいるみたい。」と言ってくれます。いい意味で、○○風といったスタイルの枠がなかったのが良かったのかも知れませんね。

奥の土蔵はかなり古いものだと伺いましたが?

江戸時代に材木問屋の内蔵として建てられたもので、関東大震災にも東京大空襲にも耐えて奇跡的に残っていました。祖父が金属会社の物置として使っていたのですが、その祖父が突然亡くなり、1960年代に増築した事務所やガレージとともに残されました。土蔵はものがいっぱい詰め込まれたままずっと見捨てられた状態で、壁も崩れかけていました。

アートスペースとして再生したのですね?

当初は建物を取り壊して売って終わりとなるはずだったのですが、土蔵が江戸時代の建物だということがわかって壊せなくなってしまいました。ところが直すにもかなりのお金がかかるので悩んでいた時に、漆造形作家の鍋島さんが、ぜひ再生したいと言ってくださって、芸大の後輩のアーティストや職人さん達とともにボランティアで作業をしてくれました。大変な作業であるにも関わらず、「あなた達の財産や持ち物のためにやるのではなくて、この建物と遊ばせてもらっている。」と、半年かけて土蔵の修復をしてくれました。そこをアートスペースとして、ガレージと事務所があったところをカフェに修復しました。

アートスペースではどんなことをやるのでしょう?

展覧会や演奏会を催しています。演奏会は扉を閉めて行いますが、音響機器を使わず生の音で演奏してもらいます。大きな音から繊細な最後の音まできれいに響くんですよ。
展覧会は、陶器、写真、絵画などジャンルを問わず、アーティスト達の表現の場(道場とも呼んでますが)として使っています。演奏会を除いて展覧会は入場無料です。展覧会だけを観にいらしたり、たまたまカフェに来た人も、まだ奥があるとわかって、奥まで入ってみたら新しいアートがあったりと、驚きと喜びを味わってもらえているようです。

アーティストはどのように探すのですか?

初めて海外とプロジェクトを組んだのがオーストリアの女性だったので、一度行ってそれから毎年行くようになりました。小さい国なので何度か行っているうちに深く、広くつながりができていき、その関係で出合ったアーティストが多いですね、よそのプロジェクトで来日している人が、どなたかの紹介で見に来て、ぜひここでやりたいと依頼されることもあります。日本のアーティストでも同じですね。
自分も同じアーティストとして舞台をやっていたかったのにと思ったこともありましたが、アーティスト達と一緒にものを作っていきながら彼らの良さを引き出すという役目を学んできましたね。メンバーは変わりますが、裏方として同じ舞台をどう生かしていくかを考えながら毎回客演を迎えているような感じでやってます。

土蔵の再生も、アーティストとの出会いも「縁」を感じますね?

蔵が残された時、母が食事に行った先で「こんな建物がある」と話したのがきっかけで、壊すしかなかった土蔵を、「お金がなかったら作ればいいんだよ」と鍋島さん達が再生してみせてくれました。その半年間に自分を含め、アーティストのみんなが集まったことも不思議です。蔵が自分が生き残るために必要な人を集めてくれたとしか思えません。建物は人がいないと死んでしまうので、みんなでここを場として生かし、また場を通して生かされているんだという循環を伝えたいですね。
ここはそんなアーティスト達との「出会い」から始まった場所なので、みなさんにもこの場所と出会って欲しいし、歴史や美術とも出合える場所だと思っています。自分が急いでいたり、閉じこもっていると出会えないですから、ここではゆっくりな時間を楽しんで欲しいと思います。

〜私のコミュニケーションツール〜

海外、国内問わず仕事上のやり取りはほとんどメールですね。メールは時差を気にしなくていいので便利なんですが、いろんな国の人とやり取りしていると1日の区切りが付かなくて、エンドレスでメールが続くのが困ります。特に締め切りが近づくと連絡を取るべき相手が多くて、一旦休んでしまうと送るべきメールが溜まって、下書きが100通なんてことになってしまいます。
個性や主張が強い方が多いこともあって、顔を見ずにメールだけでやり取りをしていると、ちょっとした誤解で傷付け合う結果になることがあります。メールに自分をさらけ出してしまって後悔したりしましたが、節度を持ってやればとてもいいツールとして使えるのだと学びました。それと、突然PCが動かなくなった時は真っ青になりましたね。幸いデータが消えることはありませんでしたが、あらためてバックアップはとろうと思いました(笑)。
メールの他に海外とのやり取りには Skype(スカイプ)を使います。電話を使ってた時は料金が大変だったのですごく助かっていますし、アーティストはみんな使ってますよ。世界中でやり取りできるのは素敵だな〜と思います。


ギャラリー・エフギャラリー・エフ
1868年(慶応4年/江戸時代末期)、浅草に材木問屋の内蔵として建てられた土蔵を、有志のアーティストたちが再生したアートスペース。床は黒と朱の漆塗りに修復されているが、柱や梁などは当時のまま。
漆喰の壁は湿気を吸集し調節するので季節の変化に耐える性質があるが、最近は近隣にビルなどが建ったりして本来の呼吸ができずに損傷が進んでいる。修復には公的援助がなく、歴史的建物の維持保存、共生の意識を民間に呼びかけている。
詳しくはギャラリーエフのホームページをご覧ください。


Izumiさんは立ち居振る舞いや口調がとても柔らかで、おしゃれなお店にぴったりの方です。そんなIzumiさんがギャラリー・エフの修復の時にアーティストや職人さんと一緒にハードな作業をされたなんて想像できませんでしたが、1通のメールを8時間もかけて書くことから始めて、英語をマスターしたことや、どちらかと言うと苦手なメールやWEBデザインも独学で覚えたと聞いて納得です。ご自分でも体が丈夫なことと、根性には自信があるとおっしゃっていました。
カフェやアートスペースにもしっかりしたポリシーを感じました。

第12回特別インタビュー 木津茂理 氏
第10回特別インタビュー 小林顕作 氏

バックナンバー一覧へ
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク