TOP > 特別リレーインタビュー > リレーインタビュー第9回

リレーINTERVIEW

ビジネスシーンでのEメール!特別インタビュー第9回 Photographer 西ノ園 達大氏

石橋忠人さんからのご紹介で、俳優の西ノ園 達大さんにお話を伺いました。(08/4/9)
西ノ園さんは舞台を中心に、映画やTVドラマ、ナレーションなどで幅広く活躍されていますが、最近はシンガーソングライターとしてライブ活動もしていらっしゃいます。

現在は『アマツカゼ』に出演中ですね?

おととい(4/7)青山劇場での東京公演が終わりました。『プー(風)』シリーズは毎回殺陣や立ち回りが多いのですが、4作目の今回もかなりハードでした。体の傷を癒しに温泉にでも行きたいですね(笑)。
と言っても、4月24日からの大阪公演(NHK大阪ホール)が控えてますし、その前にアルバム『ドミノスマイル』(写真)の発売記念のライブツアーも待ってます。今回のツアーは長野、東京、兵庫と回ります。

体力がないと持ちませんね?

同じ年頃の人に比べたら体力はバツグンにあると思いますよ。私が出る舞台は『アマツカゼ』に限らず、立ち回りやアクションがあるものが多く、体力がなかったら耐えられません。
立ち回りは若い頃に泣きながら教えてもらいました(笑)。僕は剣道を29年やっていて、今も大会に出たりしているんですが、実は剣道が上手い人って立ち回りが下手なんですよ。
剣道は相手の呼吸を外して、隙を一気に攻めますが、立ち回りは相手を外すのではなく相手と呼吸を合わせなければ成り立ちません。動きも剣道は打つ瞬間が大事ですが、立ち回りは切る動きは小さく、その後の動作を大きく“見せる”ものなんです。剣道と立ち回りはよく似ていると思われがちですが、そういう意味では全く逆なんです。それを理解するまでは苦労しましたね。

苦手なことはありますか?

実はデジタル関係がすごく苦手なんです。
以前は友人知人に自分が出る舞台をお知らせするのに、チラシに手紙を添えて一通一通郵送していましたが、舞台のお稽古の合間にこのDMを何百通も送るのは結構大変なんですよ。ところがお稽古に没頭するあまりそれがどんどん後回しになり、結局本番一週間前に寝る時間を削って送って、寝不足のまま舞台に立ったりなんてこともありました。
それが今はメールにチラシの画像を添付して一斉送信すればいいんですから、楽になりました。大変だったDMを送ることが、“デジタル”によって助けられ、少しは克服に近づいてきてはいますね(笑)。
でも基本はやっぱり人と目を合わせて話すことが好きですね。

メールを使う時に気を付けていることはありますか?

用件だけを手短に書くようにしていますが、伝えたいニュアンスは慎重に、できるだけ絵文字を使わずに言葉で表現するようにしています。絵文字は心情を表現するのが簡単で楽ですが、相手の顔を見ないで言葉だけで自分の気持ちを表現すると相手にもそれが伝わるような気がするんですよね。文章を書く勉強にもなりますし。
それと、言い忘れがあったり、送信してから後悔することがあるので、即返はしないでちょっと時間を置いてから返事をするようにしています。

ミュージシャンとしても活動されていますね?

芝居を始めて17年になるんですが、ひと様に脚本を与えられて、演出されて、自分はそれを表現するということを続けてきました。でもそれってゼロからの作業ではないんですよね。ここへきて自分の中から何かを形にできないかと思っていたところ、たまたま音楽が好きだったこともあって、素直に詩を書いて、曲を作ってアルバムができてと、今までと違う視点から始めてみると違うものが見えてきましたね。そういう時期にきたということなんでしょうね。
去年は『3☆COLORS』という、役者とプロのミュージシャンのユニットを立ち上げて、ライブハウスで芝居と音楽のセッションをしました。これがめちゃくちゃ楽しかったですね。これなら芝居の公演と違って、楽器さえ積めば全国どこへでも行けるし、お客様には気軽に酒を飲みながら芝居を楽しんでいただけるし、今後も仕事の合間に続けていけたらいいですね。

今後はどういったことをしたいですか?

今までは自分が吸収することで精一杯でしたが、どうしたらこれまでやってきたことを還元していけるかと考えています。
先日、ある方からの依頼で、企業の社長さん向けの“コミュニケーション講座”をさせていただきました。人と話すことが苦手な若者が多いのはご存知だと思いますが、その若者とどう接したらいいのかがわからない大人も多くなっているようなんです。人の目を見て話す訓練、他人を思いやりながら行動することなど今までの経験を元に、楽しみながら体験していただきました。
役者と役者、役者と観客、芝居はコミュニケーションだと思っていましたが、舞台以外のところでも役に立つのがわかって嬉しかったですね。とても喜んでいただけたので、これからも機会があればやらせていただきたいですね。


西ノ園 達大氏西ノ園 達大氏
日大芸術学部演劇学科卒業後、2007年惜しまれつつの解散した劇団「TEAM発砲B-ZIN」の看板俳優。劇団在籍中から外部の舞台、TV、映画、CFで活躍。大野智さん主演の舞台“プーシリーズ”ではメインキャストとして常連となっており、4月28日までシリーズ4作目「アマツカゼ 〜天つ風〜」に出演中。
「西ノ園タツヒロ」としてシンガーソングライター、ソロアーチストとしても活動し、全国で定期的にライブ活動を展開中。次の出演舞台「あんぽんたん組合」の『なんせんす』は、7月23日により赤坂RED/THEATERにて。


パワフルで、人が好きで、音楽が好きで、もちろんお芝居が大好きで、そして楽しくて、お話と一緒に元気もいただきました。
老若男女(オカマも!)どんな役でも自信を持って演じられる秘訣があるそうですが、今回は教えていただけませんでした。今度お酒の力を借りて聞き出したいですね。

第8回特別インタビュー 石橋 忠人氏

バックナンバー一覧へ
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク