TOP > 特別リレーインタビュー > 特別リレーインタビュー第5回

特別リレーINTERVIEW

ビジネスシーンでのEメール!特別リレーインタビュー第5回 横浜美術館 木村絵理子氏

千代田図書館の坂巻さんからのご紹介で横浜美術館の木村さんにお話を伺いました。(07/12/11)
木村さんは美術館の学芸員(キュレーター)として、展覧会の企画をはじめ、アーティストや作品の選定や出品交渉、カタログやポスター作りまで幅広い業務を行っていらっしゃいます。
横浜美術館は古い作品を紹介すると同時に若いアーティストや今まさに世の中に出ていこうとしているアーティストを紹介しようというプロジェクトも進んでいます。

仕事でEメールをお使いになりますか?

今は「GOTH」展の準備を進めていますが、国内外のアーティストとのやり取りはほとんどメールが中心になっています。アーティストは集中している時間は邪魔されたくないという気持ちが強い方が多いので、電話よりメールの方が都合のいい時に返事ができるという点で便利です。それと海外とは時差があるので、夕方メールを出しておくと朝返事が届いて、また夕方返信しておくといったやり取りになります。
仕事柄アーティストや美術関係者の方と仕事場以外の場所で会ったりする機会が多いので、プライベートと仕事の境界線があいまいな部分があります。そのため休みの日や自宅に帰ってからでも急ぎの仕事がある時はメールをチェックしますね。出先では携帯でも仕事のメールのチェックをします。

日頃Eメールを使っていて感じることやエピソードなどはありますか?

添付ファイルに日本語が入っているとウイルスとして判断されてしまい、届かなかったとことが何回かありました。受け取る側が日本語が使える環境であっても途中で引っかかってしまうのかも知れません。最近はファイル名には日本語を使わないようにしています。

面白かったメルマガやサイトはありますか?

横浜美術館 木村絵理子氏

もうなくなってしまったのですが、海外の現代美術事情を個人の方がレポートしてくれるメルマガがまぐまぐから配信されていました。メルマガってあまりに長いと読み飛ばして捨ててしまうことが多いんですが、たくさんのニュースの中からその人が選んだ『TOPIC』を短い文章で紹介してくれているのでメール自体がコンパクトなところが良かったです。『TOPIC』にはリンク元が付いているので詳しい情報はそちらで読めますから。 とても役に立っていたのですが2年位前に突然終わってしまって残念です。
サイトでは、「Realtokyo」をよく利用しています。アートだけではなく、舞台や音楽などの情報をバイリンガルで提供しています。首都圏が中心ですが、小さなギャラリースペースとか小さなライブハウスの情報まで細かく紹介されています。
MyPageに登録すると使える『スケジューラー』という機能があるのですが、自分のスケジュール表に行きたいイベントなどを登録しておくと、イベント終了の一週間前に『終わりますよ』とメールで教えてくれるのでとても便利です。

メールでのマナーやルールはありますか?

返信したメールや不要なメールは受信フォルダからそれぞれのフォルダにわけてしまい、返信が必要なメールはそのまま受信フォルダに残します。受信フォルダには何かしらのアクションが必要なメールが残っているのですが、それがたまりにたまってしまう場合があるので、重要なメールは読んだあとにもう一度『未読』に戻しておくことにしています。この方法は同僚がやっているのを見て取り入れたのですが、『未読』だとどうして残っているんだろうと思ってもう一度見るので返信を忘れないですみます。

HTMLメールやデコメ、絵文字は使いますか?

HTMLメールはパソコンの環境が違うとうまくいかなかったりするのであまり使いませんが、カタログや印刷物を作る時にアーティストとの間でイメージを伝えるためには使います。携帯の絵文字は WILLCOM は WILLCOM 同士でないと使えないので使いませんね。

Eメールは今後どんな風になると思いますか?

仕事を始めた頃は始終電話がかかってくるのが仕事のスタイルだったのですが、今は事務所が静かになりましたね。もちろん電話も必要なのですが、今後は携帯とメールがもっと近づいていくという気がします。
海外のアーティストとカメラで中継をしながら打ち合わせをすることもあります。今後はテレビ電話のようなものも進んでいくのかも知れませんね。

横浜美術館
横浜市みなとみらい地区にある美術館。19世紀後半以降の美術作品を中心に、ダリ、マグリット、ミロ、ピカソ、セザンヌなどの作家の作品、幕末・明治以来の横浜にゆかりの深い作家の作品など幅広く収集。
「みる」「つくる」「まなぶ」の連携を基本方針として設立され、コレクションの形成、展覧会の開催という「みる」だけでなく、実技指導やワークショップの実施、美術情報の提供など、皆様に広く開かれた芸術活動の拠点となっている。
横浜美術館
http://www.yaf.or.jp/yma/
横浜美術館
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 クーポン付きメルマガ登録サイト「メールホッパー!」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク