TOP > インタビュー > メルマガクリップ > 生活旬報

特集

人気のメルマガから気になるキーワードを探る[メルマガクリップ]。
今回のキーワードは「食の安全」
食品添加物や遺伝子組み換え、輸入食材の安全性や産地偽装と、食の安全、安心が話題になっていますが、安全な食品ってなんなんでしょう?安心して食べられる食品はどうやって手に入れたらいいんでしょう?

国産・無添加・減農薬にこだわって安心な食材を宅配する、生活クラブ生協さんが発行するメルマガ『生活旬報』の担当者の古池さんに、「食の安全」についてお話を伺いました。

生活クラブが考える「安全な食品」について教えてください。

“安全”という言葉のイメージは人によって違いますが、生活クラブ生協ではきちっとした情報を消費者にお届けしますので、それが消費者の判断基準になるというところが一番大きいと思います。 生活クラブ生協には『自主管理監査制度』というしくみがあって、生活クラブ生協の組合員から選ばれた方たちが生産工程などを見に行き、その情報を公表するといったことを行っています。 企業側も情報を出しますが、消費者自身も動いて、自分の目で確認して、それを公表するということですが、安全と言われるものをそのまま買うのではないというのが、他の生協さんとは違うところだと思います。
大変ではあるけれど、現代はそこまでしないと本当に安全な食品というのは手に入らないのではないでしょうか。

また生産者も、私たちはこのように作物を作ります、農薬は何回使用しますといった「自主基準」をきちんと出していますし、農薬散布も国で出している基準回数をできるだけ減らす努力をしているので、消費者もそれを把握、評価して買うという仕組みが“安全を作り上げていく”のではないかと思います。
価格は、生産者が原価やコストを提示して組合員との話し合いで決める、生産原価保障方式をとっています。これによって生産者も安定的に作物を作り、安定的に供給することができます。 生産者自身の生活も含めて、安定的に安全な作物を作り続けていく、といったところまで掘り下げて考えています。

食の安全も人と人が作り上げていくということですね?

生産者と消費者が車の両輪のように、手をつないで信頼関係を高めながら一緒にやっていこうというのが生活クラブ生協の特徴です。生産者と消費者のつながりを大切にしながら、共に日本の農業なり第一次産業を育てていこうという姿勢でやっているという意味では、原則的でこだわりの強い生協です。
そうすることによって原材料の出所がわかる。「顔の見える」関係というものを大事にしています。

食品の安全性は検査だけではわからないし、偽装されれば見抜くのは困難です。生産者と信頼関係を培っていくと同時に、なれあいではない、監査という基準に基づいた点検をして、安全性を確保していくというか、お互いに作り上げていくということです。それが生活クラブの一番の“安全の確認”なんです。
生産者も食べる人の顔が見えると迂闊なことができませんからね。

現在取り組んでいる研究や運動があれば教えてください。

こめ育ち豚』と言って、日本で取れたお米を飼料にして豚を育てるというプロジェクトを、遊佐町とJA庄内みどり、山形大学、平田牧場、生活クラブが連携して1997年にスタートしました。お米を食べると甘みが出るんですね。ちょっと白っぽいんですが、美味しいです。今までは実験的に行っていましたが、今後は全部こめ育ち豚に変えていく予定です。国内自給率を上げていくという中の事業を進めています。国内自給率を上げることと米を作り続けること、この二つのことを狙って始めたのが『こめ育ち豚』です。“一石二豚”ですね(笑)

飼料用トウモロコシと米の価格差が何倍もあることが問題でしたが、近年“多収量”と言って普通の食糧米と違って何倍も収穫できるお米の開発が進んだり、国の助成金が出るようになったりでだいぶ環境が整ってきたので、一部だったこめ育ち豚を、来年から平田牧場の生活クラブ向けの豚すべてをこめ育ち豚にしていきます。これからはどれももっと美味しくなりますよ。

『生活旬報』はどんなメルマガでしょう?
生活クラブ連合会のホームページの更新情報や、お料理レシピ、生活に役立つ情報やエコ情報などをチョイスしてPC用、携帯用に週一回配信しています。

食に対する社会状況とか、生活クラブが今どういうふうになっているかとか、この辺についてはどうなの?と疑問に思ったことを掲載しています。毎週ダイレクトに情報が入ってくるので、読者にとっても食の安全という意味で、食品を選ぶのに役立つのではないかと思います。
簡潔に書くよう心がけているので、詳しい内容はできるだけホームページでゆっくり見てもらいたいですね。メルマガはホームページを見にいくきっかけになればいいなと思っています。

最近は若いお母さん達の食に対する関心が高まってきていますが、子どもが生まれる前から食を考えて欲しいから、来年は「食育」などを取り上げていきたいなぁと考えています。

メールマガジン『生活旬報』の登録・バックナンバー
前のページに戻る このページのトップへ
  • メルマガノウハウインタビュー
おすすめ記事

[インタビュー] 四季株式会社様 メールアドレス会員数は、他の施策と組み合わせることで、増やすことができる。

[インタビュー] トライコーン株式会社 ソーシャル一括投稿システム「コトシロ」より多くのメディアに情報を発信することで、情報の露出効果が上がります。

[インタビュー] 株式会社監査と分析様 メルマガの企画・編集は、PDCAサイクルを回すこと!

[インタビュー] 株式会社亀屋万年堂様 クーポンの利用率は9%まで上がる!

[インタビュー] 株式会社極楽湯様 クーポンの内容によってメールのクリック率は大きく違う!

[メルマガ担当者] メール配信結果の指標

[メルマガ担当者] PDCAを回せない10の理由と対策


人気コンテンツランキング

メールの署名(シグネチャ)

Coltaオリジナル署名集。

Thunderbird(サンダーバード)の便利なプラグイン・アドオン

サンダーバードの便利なアドオンを厳選して紹介。

ビジネスメールのテンプレート

ビジネスで使いたいメールのサンプルをご紹介します。
最近のColta日記

3/14 [HTMLメール]「コルミのFacebookページ運用メモ 第1回」

2/28 [HTMLメール]「HTMLメール、フォント(書体)の指定はできるコル?」

11/01 [HTMLメール]「文章(テキスト)の流し込みも要チェックこる。」

10/17 [HTMLメール]「<table>にはいろいろリセットが必要なんですっ。」

10/04[HTMLメール]「<img>にはborder="0"を。」

9/05 [HTMLメール]「background-color/imageを検証してみよう!」

8/30 [HTMLメール]「HTMLメールにCSSのheightは使えない?!」

Colta日記一覧はこちら>>

メール配信ASPのトライコーン株式会社 メール配信代行サービス「アイモス」 LMA マーケティングオートメーションはカンタンに! LOOPASS(ルーパス)が広げるビジネスの可能性 代理店様向け キャンペーン運営サービス「IMOSSS(アイモス)」 メールを依頼したい!”PDCA”を回したい方へ PDCAつき文章作成サービス「アイモス」 無料試用版もあります。Salesforceメールアプリ導入実績No.1 営業効率を最大限化させるPardot運用支援 インターネットサービスに関わる担当者のための情報を紹介するブログ「Web Persons」 メールマーケティング辞典 WEBマーケティング用顧客管理システム「クライゼル/KREISEL」
ソーシャルブックマーク